いろいろなクルマに乗ってきました。その選択基準はずっと、“乗って(操って)楽しい”クルマでした。

しかし、年齢を重ねるにつれて、少しずつ考え方が変わってきました。

「遊びに、旅に使える道具」・・・そんなクルマが欲しくなっている今日この頃です。

そんなクルマの選択基準は、

1.お洒落なこと
2.積載能力が高いこと
3.手頃な価格であること
4.小回りが効くことの4点です。

まず最初は無難なところで、“トヨタ・ハイエース”でしょうか?

ハイエースは、お洒落かというと微妙ですが、もちろん積載能力に文句はなく、車中泊にも十分です。しかし、価格はそれなりで、小回りは効きませんね。

続いて、“ルノー・カングー”です。このクルマは私が真剣に購入したほどで、まずはお洒落、価格も手頃で小回りが効きます。積載能力も後席を倒せばMTBくらいは楽勝に載ります。

そしてちょっと極端な選択ですが、軽の1ボックス、“ホンダ・バモス”です。お洒落度は期待できませんが、積載能力には定評があり、その気になればバイクを積むことが可能です。価格はもちろん手軽だし、小回りはいうに及びません。

お次は冷静に考えて、“トヨタ・アーバンサポーター”です。価格は?ですが、宅配便用に造られているので、積載能力に不満はないと思います。

【車買取】相場より数十万円高く車買取させる方法