19才の時に運転免許を取りました。
当時すでにオートマ限定で免許を取る人が多い中、あえてマニュアルで。
と、言いますのも、すぐに自分専用の車が買える状態ではなく、家にある車がマニュアルしかなかったんですね。

田舎なので車は必須です。
自分専用の新車を買えるようになっても、軽のマニュアル車を選びました。
三菱のミニカです。
ちょうど軽自動車の規格が一回り大きくなった時代でした。

加速に合わせてギアチェンジをしながら走るのは、ちょっとしたプロのドライバーの気分でしたよ。
そして直線道路でギアを抜いて走る。
これぞマニュアル車の醍醐味!!

ギア変に慣れていない、免許取りたての頃はエンストなんて運転の度に1回はありましたね。
一見、坂に見えなくても実は傾斜があって、坂道発進しなければいけなかったりとか。
焦ってうまくギアを入れられなかったりとか。
田舎なので道路状況はあまり良いとは言えず、左手はほとんどフロアギアの上。
そうそう、自分のこだわりとして、フロアギア。
今でも車を選ぶ基準です。
ハンドルの横のギアなんて邪道だと思っていますからね。

高速道路も、今考えると大変だったんです。
ETCが無い時代ですから、料金所でおつりなんかある時は大忙し。
おつりを受け取りながらギア変しつつ加速、そして本線合流、って・・・よくやってたなぁ。
ナビも無くてね。カーナビは高級だったし、今みたく携帯ナビも無い、もちろんガラケーの時代ですし。
だから遠出する時は、事前に地図を見ながらシュミレーションするんです。
あとは道路標識の案内が頼りです。

今でこそ、ETCやカーナビも付いて、車もCVTになりましたけれど、若い頃にマニュアルを運転していて良かったと思います。
いい思い出です。

車査定